Adobeがサイバー攻撃を受けて290万件のユーザー情報などを漏えい

Adobeがサイバー攻撃を受け、約290万人のAdobe ID登録情報や一部製品のソースコードの漏えいを起こしてしまったとのことです。関連する公式発表および報道記事を以下に紹介します:

日本語訳された公式ブログ「お客様情報のセキュリティに関する重要なお知らせ」から個人情報関連の部分を引用します:

調査により現在のところ、攻撃者は当社のシステム上にあるアドビの顧客IDおよびパスワードにアクセスしたことが分かっています。また、攻撃者はお客様290万 人分の情報を抜き取ったと考えられます。アクセスされた情報には、顧客名、暗号化されたクレジット カードまたはデビットカードの番号、有効期限、および顧客注文に関連するその他の情報も含まれます。現時点で、当社システムからアクセスされたクレジット カードまたはデビットカード番号の暗号化が解除されたとは考えられておりません。

今まで奇跡的に1度も情報漏えい事件に巻き込まれたことのなかった私ですが、私はAdobe IDを持っていて、一部注文はアドビシステムズに対して行っていますので、誠に残念ながら漏えい情報の中に私の情報も入っている可能性があります。ただ、登録メールアドレスにAdobeからは何もお知らせが来ていないので、対象ではない可能性もあるようです。

もしも漏えいしていたとして、パスワードは全登録全部別なのでその意味での問題は限定的ですが、とりあえず忘れないうちに変更をしておこうと思います。Adobe IDをお持ちの皆様も早めに対応をされることをお勧めします。特に同じパスワードを使いまわしている方は、直ちに同じパスワードを使用しているすべてのサービスのパスワードを変更すること、そして、できるならば同じパスワードの使いまわしを止めることを強くお勧めします。