Norton Internet SecurityがInternet Explorerを阻害する問題の解消

本日(2015年2月21日)の昼過ぎからInternet Explorerが「Internet Explorer は動作を停止しました」と表示して止まってしまう、「Norton Internet Security」の不具合ですが、本日現時点(2015年2月21日 午後10時半頃)に明示的に「Norton Internet Security」のアップデートを行うことで解消されることを確認しました。

Windows 7において更新を行う方法は以下の通りです:

  1. 「タスクトレイ」から「Norton Internet Security」のアイコンをダブルクリックします:

    Norton Internet Securityのウィンドウ呼び出し

  2. 表示されたウィンドウで「ライブアップデート」と書かれたボタンをクリックします:

    表示されたウィンドウで「ライブアップデート」をクリック

  3. 表示が切り替わるので「ライブアップデート実行」と書かれた黄色のボタンをクリックします:

    「ライブアップデート」を実行

  4. 更新処理が始まるのでしばらく待ちます:

    「ライブアップデート」の進行中

  5. 更新が終わると「ライブアップデートの終了」という表示に切り替わるので「OK」ボタンをクリックして終了です(ここでインストールされるファイルの数はやや異なることがあります):

    「ライブアップデート」の終了

これでInternet Explorerを使用できるようになっているはずです:

更新後は「Internet Explorer」が実行できるようになる

今回の不具合は試せばわかる不具合の類だと思います。Symantecにはもう少し慎重なデータ配信を心がけていただきたいと思います。

※“さかきけい”はこの作業による結果を一切保証しません。私の環境で問題を解消した情報を共有する目的で公開しているものです。

関連記事

Norton Internet SecurityがInternet Explorerを阻害する問題の解消」への1件のフィードバック

  1. NANJI

    同じ問題でした。今日見てびっくりしました。
    次回の新PC、Nortonもう絶対に使わない、もう時代終わりだ。
    22日一日かけてPCの復帰しようと四苦八苦でした。
    REG弄ってなんとか前のPointのRegまで戻って、IEウィルスの
    せいと思い込んで、PCの再インストール準備も進めたのをやめた
    Blogありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です