Androidの64ビット版をIntelがAtomプロセッサーでデモ

CNET Japanの「インテル、「Android」向け64ビット「Atom」プロセッサをデモ」という記事によれば、IntelがAndroidの64ビット版をAtomプロセッサーで動作させるデモを行ったそうです。スマートフォンおよびタブレットではAppleのiOSがいち早く64ビット版を投入していますが、Androidも順調に64ビット対応が進んでいるようです。

IAアーキテクチャもARMアーキテクチャも、現状のプロセッサーでは64ビットアプリケーションと32ビットアプリケーションを並行してサポートが可能な構造を有していますから、互換性の面でも大きな問題はないでしょう。

あとは、いつ、本当の意味で64ビットが求められる環境になるかですが、それはもう少しかかりそうに思います。いずれにしても、アプリケーションは無理して64ビット化しなくてもよいのは、現状のWindowsと同様でしょう。

なお、日本語の記事の検索をそれなりに行ってみた範囲では、64ビットのAndroidのデモは今回が初であったようです。とはいえ、Atomで動くならばARMでも64ビット化は達成されたとみてよいでしょう。もっとも、デモを行うレベルまで各種ドライバーやハードウェアを整備するという点については、Intelが先行しているのでしょう。だからこそ、今回のデモがあったのではないかと思われます。