アニメ映画「サカサマのパテマ(PATEMA INVERTED)」を見て

劇場版「イヴの時間(要Flash Player)」で著名な吉浦監督の劇場版第二作「サカサマのパテマ」のBlu-rayディスク版を購入してみたので、その感想というか、そんなものを書いてみたいと思います。

「サカサマのパテマ」Blu-rayパッケージ

先に書いておきますが、あまりポジティブな印象を抱けませんでした。まだ同映画をご覧になっていない方は、ぜひ、見てから「こんな感想もあるんだ」という程度に読んでいただければと思います。

一方で、水準以上の出来であることは、見た私も感じたところです。なので、私のような見方をしてしまわない人にはオススメな作品であることには違いないのです。ぜひ、まずは本作を見てみていただいてから、本感想をお読みいただくことを強く推奨します。

製品情報

【タイトル】サカサマのパテマ / PATEMA INVERTED
【品番】ACXA-10901 / 4988126429010
【時間】本編99分+特典映像
【映像】HDワイドスクリーン1920×1080p(1.77:1)
【音声】①日本語 DTS-HD MasterAudio5.1ch ②日本語 リニアPCM2.0ch ③コメンタリー DolbyDigital2.0ch
【その他】MPEG-4 AVC

スタッフ

【原作・脚本・監督】吉浦康裕
【キャラクター原案】茶山隆介
【コスチュームデザイン】杏仁豆腐
【作画監督】又賀大介
【美術監督】金子雄司
【CG監督】安喰秀一
【動画監督】大谷久美子
【色彩設計】井上あきこ
【制作プロデューサー】稲垣亮祐
【音響監督】山岡晃
【音楽】大島ミチル
【歌】Estelle Micheau
【エグゼクティブ・プロデューサー】宮田昌紀・安藝貴範・安田猛・長江勉
【プロデューサー】小野幹雄
【制作】サカサマ会
【助成】文化芸術振興費補助金
【配給】アスミック・エース

ウィキペディアの該当ページと異なりますが、すべてBlu-rayディスクのパッケージの記載通りです。

キャスト

【パテマ】藤井ゆきよ
【エイジ】岡本信彦
【ポルタ】大畑伸太郎
【ジィ】ふくまつ進紗
【ラゴス】加藤将之
【ジャク】安元洋貴
【カホ】内田真礼
【イザムラ】土師孝也

Blu-rayディスクのパッケージ記載順通りです。

感想

最初に書いたように、あまりいい印象を抱けませんでした。そんな感想ですので、それでもかまわないという方以外は開かないことを強く推奨します。

本作は一般的な水準以上のアニメ作品です。それは認めます。そのうえで、私にとっては致命的な欠点がありました。それは、あまりにも物語の展開が丁寧すぎるということでした。

物語が始まってからエイジに出会って、治安警察に捕まるまでは本当にワクワクしながら見ることができました。しかし、その後は丁寧な物語展開が私にとって災いとなりました。次のシーンに入る前に次のシーンの展開が予見でき、すべて予想の範囲内になってしまったのです。ネタバレをされたわけではないのに、まるでネタバレをされながら物語を見ているような状況に陥ってしまったのです。

つまり丁寧な展開が私にとってあだとなってしまったのです。それがわかるだけに、何とも言えない微妙な感情を抱きました。きっとわからなれば楽しかったのだろう、映像もきれいだし、音も音楽もいい、なのに私は入り込めない…。とても残念な気持ちになりました。

サカサマがサカサマな話、サカサマの先のサカサマの世界、そしてサカサマな設定がサカサマなお話。これがすべて物語を見ながら該当シーンを見る前にわかってしまったのです。

もう少し観客を突き放すくらいが良かったんじゃないかと本作を見て思いました。先が見えてしまった以外は本当によさそうだっただけに、とても残念に思いました。

※以上は本編を見終わった状態の感想で、付属の冊子や特典を見ていない状況でのものです。

関連記事