PS4やXbox OneにMantleが搭載される日は来るのか?

少し前の記事になりますが、AMDがMantleをソニー・コンピュータエンタテインメントのプレイステーション4(PS4)あるいはMicrosoftのXbox Oneにも載せることができると明言したそうです:

上記のうち、PC Watchの記事によると、AMDのNeal Robisonさんが以下のように発言したそうです:

「ゲームコンソールでは、(PCと違って)ハードウェアは固定されているが、ソフトウェアで拡張を行なうことはできる。我々は、双方に対してMantleを利用できるようにする予定だ。ただし、それを実際利用するかどうかは彼ら次第となる」

この発言によってわかるのは、「Microsoftおよびソニー・コンピュータエンタテインメントとも、自社のゲームコンソールにMantleを搭載することに同意していない」ということです。つまり、AMDは当初のMantleの発表時から、AMD RadeonのGCN世代共通でゲームコンソールからWindowsまで単一のAPIであるMantleを使ってゲームを作成できるということを強く示唆してきました※1が、いまだにこれが実現できる目途がついていないということを明言したともいえます。

先日の発表で、MicrosoftはDirectX 12を自社の製品ラインナップであるWindows、Windows Phone、Xbox Oneに展開することを明らかにしており、MantleをXbox Oneに導入するというAMDの目論見は事実上とん挫しています。

そしてDirectX 12を推進する立場のMicrosoftは、今後もAMD独自のMantleをXbox Oneへの導入に同意することはないと予測します。というのも、MicrosoftはXbox OneだけのためにDirectX 12を設計しているわけではないからです。前述のようにWindowsおよびWindows Phoneへも搭載するものです。

これは、単一のアプリケーション・ソースコードから複数プラットフォームのネイティブな実行ファイルを作って展開できるようにするという、最近発表したMicrosoftの構想※2の一部をなすものです。ここにAMD独自のMantleを混ぜてしまうと、この構想の実現に対する障害となってしまうわけです。まさか、3プラットフォームともAMD専用にするわけもいきませんから、結果としてMantleを入れるという選択肢は取りえないのです。※3

AMDがMantleを発表した際に書いたように、AMDにはメリットがあることでも、OEM先のMicrosoftとソニー・コンピュータエンタテインメントにはメリットがなく※4、それどころか自社プラットフォーム上におけるソフトウェアインフラが分断されることになりかねない提案にのるはずもなく、Mantleのゲームコンソールへの採用はおそらく今後もないのではないかと私は考えています。

これによって、AMDのMantleはWindowsパソコンに限定されたサポートとなることがほぼ確定したとみることができるでしょう。そのWindowsパソコンでもDirectX 12の足音が迫って来ており、Mantleは傍流へ向かいつつあるように見えます。