Adobeから流出したAdobe IDの総数は3800万件

CNET Japanの記事「アドビへの不正アクセス、影響は3800万アカウントに」(著・Dan Ackermanさん / 翻訳・村上雅章さん、野崎裕子さん)によると、

Adobeは米国時間10月3日、攻撃を受けたことにより同社の顧客IDと暗号化されたパスワードが漏えいしたことを明らかにした。その時点で同社は、ハッカーらが約300万ユーザーの暗号化されたクレジットカードの記録とログイン情報へのアクセスを得たと述べていた。だが、影響を受けたアカウントの数はこれよりはるかに多いことが分かった。

この攻撃では実際、3800万件のアクティブアカウントが影響を受けた。

ということで、当初予想されていた約300万件(でも十分多いのですが)のデータだけではなく、3800万件ものデータが影響を受けていたとのことです。この3800万件の影響を受けた顧客への通知はすべて終了しているそうです(この3800万件のなかに私のアカウントも含まれていたというわけです)。

また、このほかに非アクティブのアカウントも影響を受けるとのことで、かつての顧客にも影響範囲が広がるそうです。そちらに向けた通知が現在進行中とのことで、現在までに連絡が来ていないかつての顧客にも、これから通知が行くことがありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。