2020年初に思うこと

はじめに

数字がカウント・アップしていっているので、当たり前ではあるのですが昨年が2019年なので今年は2020年ということになります。1の位が0になったせいでしょうか、2020年がすごい遠い先の時代のように感じていた時のことをいろいろと思い出しました。

さて、今年のことですが、直近では少なくとも2つほどはメモを書きたいと思っています。

直近に書いてみたい話題

PC-9801/9821関連のこと

いろいろと書きたいことはありますが、まずはPC-9821シリーズのノート・パソコンに搭載された液晶について、400ラインと480ラインの切り替えの考え方について説明しようかと思っています。

また、その他PC-9800シリーズ、PC-H98シリーズについても今後というか今年はいろいろと書いていきたいと思います。

高速ディスプレイ・モニターのこと

垂直同期周波数(VSYNC周波数)が120 Hzなどと高速なディスプレイ・モニターを使うと何がうれしいのか、ゲーム以外の観点から若干書いてみたいと思っています。これはたぶん、非常に短いメモになる予感があります。

そのうち書いてみたい話題

デジタル・カメラ関連やMSX関連についてもいろいろと書いていきたいと…思っています…。

まとめ

まとめると、今年はちゃんと「さかきけいのメモ」を書いていきたいと、そう思っているところです。少し、力の配分といいますか、時間の配分をアウトプットする方に割かないと、全然何もできないと実感しています。

それはどういうことかといえば、休日になればカメラをもって出かけてしまうのをやめましょう、というか、少なくしましょうということなのです。時間は一定の量しかないので、その中の配分は考えないといけないですね。

それが実践できるかどうかですが、どうなることでしょうか…。

それでは本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です