続・今号で休刊する月刊「日経WinPC」を買いに行きました

昨日は購入できませんでしたが、本日は隣駅の大き目の本屋さんへ行き、無事に月刊「日経WinPC日経BP社)」と同「DOS/V POWER REPORTインプレスジャパン)」を購入することができました。今号で休刊となる「日経WinPC」ですが、やはり注目されているのか、該当する本屋さんでは私が手に取った分を入れて平積みなのに3冊しかありませんでした。私が1冊手に取ったので残り2冊です。まだ仕舞ってあるのかもしれませんが、それにしても結構売れていそうに思いました。

月刊日経WinPCとDOS/V POWER REPORT 2013年11月号

表紙には休刊とか、そういうことが書いていなくて、一見するといつもの号のようです。しかし、よく見れば「PC自作の現在・過去・未来」とか、「PCの未来を占う」とか、そういったいつもと雰囲気の違うことが書いてあり、極めつけは右上に書いてある「19年の集大成!」ですね。今号が休刊最終号だと知らない人でも、感がいい人ならば気づくかもしれません。

では、どこに休刊について公式のお知らせがあるのか、というと、編集部のみなさんのあとがきがある部分の下部にあります。該当部分を以下に引用します:

日経WinPC休刊のお知らせ

月刊日経WinPC 2013年11月号 148ページより引用

表紙をちょっと見ただけの時、もしかしたらまだ続くのかな、なんて思った日経WinPCですが、やはり今号で休刊とのことです。私は買ったり買わなかったりで、あんまり貢献していなかったと思いますけど、それなりに読んでいた雑誌が休刊してしまうのはやはりさびしさを覚えます。

まだ購入してきただけで読んでいませんので、これからじっくりと「日経WinPC」と「DOS/V POWER REPORT」両誌とも読みたいと思います。

「日経WinPC」の関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

残った最後の砦の「DOS/V POWER REPORT」の関係者の皆様は気合を入れてこれからもよろしくお願いします!