秋月電子通商がシンプルなIntel Edison用Breakoutボードを発売

秋月電子通商が「Edison 2.54mmピッチ変換基板 パーツセット」という、Intel Edison Moduleの端子を2.54mmピッチ(DIPピッチ)で引き出すための「Breakout」ボードの販売を開始しました:

Intel Corporation純正のBreakoutボードは、ピッチの変換のほかにシリアル接続用のチップの搭載やリチウム・イオン・ポリマー電池の制御、DC電源の降圧などの機能を追加で搭載していましたが、このボードはIntel Edison Moduleの端子を2.54mmピッチに変換することのみに特化したボードで、価格も650円と非常に安価となっています。

Intel Edisom Module用の新たなボードを設計および試作する場合にとても有用だと思われます。また、自分自身でIntel Edison Moduleから出ている端子のどれを使うかを完全に自由に選択することができるため、既存のボードよりも細かい選択をすることができます。一方でレベル変換や電源制御などのサポートがないため、これらの扱いを自分自身で行える程度の技術力が必要とされるボードでもあります。

取扱いのレベルで言うと、

Intel Edison Board for Arduino>Eagletボード>Intel Edison Breakout Board>本ボード>Intel Edison Module生

といった順番になるかと思います。

このボードは特にブレッドボードと組み合わせて使用する際に大きな魅力があるのではないかと、私には感じられました。蒸発しなければそのうち秋月電子通商の店舗に購入しに行きたいと思います。

私視点ですが、こうしてIntel Edison Moduleを活用するための選択肢が増えていくことはとても楽しみなことだと思います。

2014年12月23日 23時

内容が整理されておらず、わかりづらい文章であったため見直しを行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です