Intel EdisonはSDカード・サイズに戻って夏ごろ登場するらしい

もともとのIntel Edisonは標準SDカード・サイズで、Intel Quark Coreをデュアル・コアで搭載するとして発表(その1)されました。それが3月28日にAtom系のSivermontアーキテクチャのデュアル・コア、500MHzに変更されると発表(その2)され、形状はSDカード型ではなくなり、サイズもSDカードよりやや大きなものに変わりました。そして、またまたこの形状が変更されて、SDカード・サイズに戻り、今年の夏ごろにリリースされるそうです(その3)。

その1の最初の発表のころのIntel Edisonは実動しないフェイクというかモックだったのではないかと私は考えています。このころの配布された高解像度のIntel Edisonを見ると、明らかに画像の切り貼りや不鮮明化の編集を行った痕跡が認められます。会場に展示されたものも、見える形での動作デモがなかったこともこれを裏付けていると考えられます。※1

その2のものは、開発中のボードとしては「なるほど」と思えるものになっているので、開発中の実動するボードだったのではないかと考えています。

その3は、Intel Galileo Gen2の検索で行き着いた先のブログに記載のあった情報です。発表者はMichael Bellさん(Corporate vice president and general manager of the New Devices Group for Intel Corporation)とのことで、その2とその3のニュース・ソースは同じということになります。

ですので、その3も有名なニュース・サイトやIntel公式の発表ではありませんが、おそらくは信頼性のある情報であろうと受け止めています。

Intel Edisonは二転三転しつつも一歩一歩進んでいるようです。もっとも、このIntel EdisonはBluetoothと無線LAN(Wi-Fi)を搭載する関係で、リリースとともに日本でも使用できるとは言い切れない部分があります。認証を通して日本でも使えるようにしていただけるとうれしいです。

ぜひお願いします!!

関連記事