今週末1月11日(土)より「インテルGalileo開発ボード」販売開始

エルミタージュ秋葉原の記事“「どれくらい売れるのか分らん」(1/8) ・・・某ショップ店員談”によると、

発売が延び延びとなっていたIntel製のArduino互換開発用ボード「Galileo」だが、今週末の11日(土)から国内販売がスタートするようだ。予価は7,980円前後。

とのことで、延期されていた「インテルGalileo開発ボード」が日本国内で販売開始されるそうです。私も当日買いに行きたいと思っています。

ちょっと値段が上がったような気もしますが、現在は円安ですし仕方ないのかもしれません。

さて、この記事でも「どれくらい売れるのか?」ということが書かれていますが、本当にどうなんでしょうね? 確かに世間的な注目は集めましたし、いわゆる自作PCパーツ界隈のメーカーであるインテルの製品ということで、他のArduino系ボードよりもよく知られているのも確かでしょう。しかし、いわゆる自作PC関連の一般人が使いこなせるようなものとはちょっと毛色が違うのも事実です。

いわゆる自作系PCパーツと同じような気持ちで購入すると、もてあますことは間違いないわけで、私も売れ行きが気になります。このボードをきっかけにマイコンボードの愛好家が増えたりすれば、それはそれで活性化して楽しいことになるのかもしれません。