2018年はこうありたいと思うこと

はじめに

2017年が終われば、有無を言わさずに2018年に突入です。

ここ数年、年初には「思えば遠くに来たものだ」と思うようになりました。子供のころに想像した2018年とは全然違い、地に足が付いた変化だけに思えますが、それでもその変化は大きなものだと感じています。まぁ、宇宙が全然近くなく遠いままである点、空を自動車が飛んでいない点、ロボットが全然いない点、酸性雨が降り注いでいない点(?)がだいぶ違いますかね。

昨日は1年振り返って、というより、この「さかきけいのメモ」の更新をしなかった(できなかった)間にあったことを簡単に書いてみました。今日は逆に2018年をどうしていきたいか、どうなるんだろうか、なんてことを簡単に書いてみたいと思います。

こうあってほしいと願うこと

これは1つだけです。世の中が昨年よりも平和であってほしいと思います。そして、日本周辺で語られている危機に関しても何らかの形で早期に解決されることをただただ希望しています。

あと…。できればこのまま景気の回復基調が続いてほしいと願っています。

こうしていきたいと思うこと

仕事面については、もう少し技術的な方面に寄せていきたいと考えています。今は中間管理職なので現場が若干遠のいているのをどうにかしたいと感じています。もちろん、ビジネス面についてもこれまで通り見ていきますが、これ以上拡大したくはないというのが本音です。拡大する必要があるのであれば権限も併せて付与していただければというところなのですが…。

プライベート面では、仕事とは全く無関係なところで好きなことを楽しく進めていきたいです。例えば過去において謎のままにしてきてしまった技術面のことがらをいまさら掘り返して確認してみるですとか、FPGAで何か作れる程度の知識を仕入れるですとか、この「さかきけいのメモ」に何かを書けるくらいの余裕と成果が同時に欲しいです。

ちょっと欲張りですかね。

まとめ

今年の目標を簡単にまとめると「2017年よりも一歩踏み出す」という感じになるかと思います。その中で面白いと思うことがあれば、そっちの方向に走り出せるようなそんな体力を維持しつつ、動いていきたいと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です