Intel版Arduino IDE 1.6.0をWindows 7にインストールしてみる

はじめに

2015年2月9日にArduino IDE 1.6がリリースされました。いろいろと改善されているのですが、Intel Edison/Galileo向けのIntel版Arduinoは別枠でメンテナンスされており、同社のボードを使用する開発者は移行することができなかったのですが、約1か月後の3月11日にIntel版のArduino IDE 1.6もリリースされました。

Arduino IDE 1.6.0の特徴については「Arduino IDE 1.6 is released! Download it nowArduino Blog(英語)」で詳しく説明されています。日本語では「Arduino IDE 1.6.0がリリースされました!スイッチサイエンス マガジン」にてほぼ同じ情報を読むことができます。※1

今回はこのIntel版のArduino IDE 1.6.0をWindows 7 Ultimate環境にインストールしてみたいと思います。

ダウンロードについて

2015年3月19日追記:以下で指摘しているOS XとWindowsのリンク・ミスが修正されていることを確認しました。このメモの影響ということはないと思いますが、丁度のことで面白いタイミングです。※2

このIntel版Arduino IDE 1.6.0のダウンロード・ページには若干の混乱が見られます。

Intel Edison関連の各種ファイルをダウンロードすることができる「Intel® Edison Boards and Compute Modules — Software Downloads」というページにも「Intel® Arduino IDE 1.6.0」のダウンロード用リンクがあるにはあるのですが、リンク先がおかしいことになっていて、2015年3月18日現在以下のようになっています:

OS リンク先 注記
Linux 32 Bit http://downloadmirror.intel.com/24783/eng/IntelArduino-1.6.0-Linux32.txz 「File Type」が「.tgz」と記載されているのにもかかわらず、拡張子がtgzではなくtxzになっています。
Linux 64 Bit http://downloadmirror.intel.com/24783/eng/IntelArduino-1.6.0-Linux64.txz 同上
Mac OSX* http://downloadmirror.intel.com/24357/eng/arduino-macosx-signed-1.0.4.zip 以前のIntel版Arduino IDE 1.5.3のリリース1.0.4へのリンクになっています。
Windows* http://downloadmirror.intel.com/24783/eng/IntelArduino-1.6.0-OSX.zip OS X版へのリンクになっています。

このようにOS X版のリンク先が旧版となっており、Windows版のリンク先が本来のOS X版へのリンクとなっていて、Windows版のリンクが存在しません(現状ではOS X版をダウンロードしたい人はOS Xのリンクではなく、Windowsのリンクをクリックすることで正しいファイルがダウンロードできます)。

というわけで、このページからはWindows版をダウンロードをすることはできませんが、Intel版Arduino IDEはIntel Galileoとも共有されたバージョンです。そこでIntel Galileo側のページ「Intel® Galileo Software Package 1.0.4」を参照すると以下の2本のファイルがダウンロードできます:

  • IntelArduino-1.6.0-Windows.7z – 任意のフォルダーに展開するインストール不要版
  • IntelArduino-1.6.0-Windows-Installer.exe – インストーラー対応版

このようにフォルダーに自前で展開するバージョン以外にインストーラーからインストールすることができるバージョンも用意されています。今回はこちらのインストーラー版を使用することにします。

インストール手順

  1. Intel® Galileo Software Package 1.0.4」ページからインストーラー版である「IntelArduino-1.6.0-Windows-Installer.exe」をダウンロードします。※3

    ダウンロードする対象のIntel版Arduino IDE 1.6.0 インストーラー版

  2. ダウンロードした「IntelArduino-1.6.0-Windows-Installer.exe」を実行します。

    Intel版Arduino IDE 1.6.0(Windows版)のインストーラー・ファイル

  3. 「ユーザー アカウント 制御」の設定によっては、権限昇格の確認が確認が行われるので許可あるいは昇格します。
  4. 「Arduino Setup」が起動してライセンスが表示されます。ライセンスに同意するのであれば「I Agree」ボタンをクリックします(同意しなければインストールすることはできません)。

    Intel版Arduino IDE 1.6.0のライセンス合意確認

  5. インストールするコンポーネントを選択します。ここではすべて選択した状態で進めていきます。

    Intel版Arduino IDE 1.6.0からインストールするコンポーネントの選択

  6. インストールする先のフォルダーを指定します。デフォルトでは「システム ドライブ」の「\IntelArduino」になっています。今回は「C:\IntelArduino」を指定したものとして進めていきます。

    Intel版Arduino IDE 1.6.0をインストールする先のパスの入力

  7. インストールが開始されるのでしばらく待ちます。するとArduinoのUSBドライバーのインストールを確認する表示が行われる(インストールするコンポーネントで「USB driver」を選択している場合のみ)ので、任意の対応を行います。ここでは「インストール」ボタンをクリックします。※4

    Arduino用デバイス ドライバーのインストールを確認するダイアログ

  8. さらにしばらく待つとインストールが完了します。ある程度「プログレス バー」が伸びた後、そこまでの時間と比較してかなり時間がかかるようです。

    Intel版Arduino IDE 1.6.0のインストール終了

  9. 「Close」ボタンをクリックしてインストーラーを終了します。

以上でインストールが完了し、「スタート メニュー」に「Intel Arduino」が追加されています(インストールするコンポーネントで「Create Start Menu shortcut」を選択している場合のみ):

スタート メニューに表示されたIntel Arduino IDE 1.6.0

これを起動してみると普通に起動します:

Intel版Arduino IDE 1.6.0を起動したところ

ここで1つ問題があります。Arduino IDEの新バージョンがあると報告してきます。確かに本メモの執筆時点で本家ではArduino IDE 1.6.1がリリースされています。しかし、Intel版はArduino IDE 1.6.0が最新なのです。にもかかわらず本家のバージョンを見てしまい、新バージョンの報告とダウンロードを促す表示がなされるのは適切とは言えないでしょう。今後このあたりの改良が必要になると思われます。※5

また、Intel版はIntel EdisonあるいはIntel Galileo Gen 2など、同社ボードのいずれかがデフォルトになっていてもいいのではないかと思わないでもありません。デフォルトではArduino Yunになっていますので、対象ボードに合わせて変更する必要があります。

定番の「Blink」を実行してみる

インストールしたIntel版Arduino IDE 1.6.0を使用して、Intel Edison Compute Moduleとインテル株式会社試作版Eagletを使用してArduino IDEのサンプル・アプリケーション「Blink」を実行してみます。接続方法、インテル株式会社試作版Eagletについては本メモの「フリスク(FRISK)を食べながらIntel Edisonをいじろう!」をご参照ください。※6

ボードとポートを適切に選択して実行してみると問題なくIntel Edison Compute Moduleにスケッチを転送し、実行することができることが確認できました。Intel版Arduino IDE 1.6.0から「Blink」スケッチを転送した際のログを以下に閉じた状態で示します(必要に応じて開いてください):

スケッチが プログラムストレージ領域の 76,207バイト (0%) を使用しています。最大は 10,000,000バイト です。
#!/bin/sh
starting download script

# clupload script to invoke lsz 
Args to shell: C:\IntelArduino\hardware\tools\x86\bin C:\Users\sakaki\AppData\Local\Temp\build7424257486875294525.tmp/Blink.cpp.elf COM16
# Copyright (C) 2014 Intel Corporation
COM PORT 16
# 
Converted COM Port COM16 to tty port /dev/ttyS15
# This library is free software; you can redistribute it and/or
Sending Command String to move to download if not already in download mode
# modify it under the terms of the GNU Lesser General Public
# License as published by the Free Software Foundation; either
# version 2.1 of the License, or (at your option) any later version.
Deleting existing sketch on target
# 
# This library is distributed in the hope that it will be useful,
# but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU
# Lesser General Public License for more details.
#
# You should have received a copy of the GNU Lesser General Public
# License along with this library; if not, write to the Free Software
# Foundation, Inc., 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA  02110-1301  USA
#

echo "starting download script"
echo "Args to shell:" $*

# ARG 1: Path to lsz executable.
# ARG 2: Elf File to download
# ARG 3: COM port to use.

#path contains \ need to change all to /
path_to_exe=$1
fixed_path=${path_to_exe//\\/\/}

#COM ports are not always setup to be addressed via COM for redirect.
#/dev/ttySx are present. Howwever, COMy -> /dev/ttySx where x = y - 1

com_port_arg=$3
com_port_id=${com_port_arg/COM/}
echo "COM PORT" $com_port_id
tty_port_id=/dev/ttyS$((com_port_id-1))
echo "Converted COM Port" $com_port_arg "to tty port" $tty_port_id

echo "Sending Command String to move to download if not already in download mode"
echo "~sketch downloadEdison" > $tty_port_id

#Move the existing sketch on target.
echo "Deleting existing sketch on target"
"$fixed_path/lsz.exe" --escape -c "mv -f /sketch/sketch.elf /sketch/sketch.elf.old" <> $tty_port_id 1>&0

Transfer complete
# Execute the target download command

#Download the file.
host_file_name=$2
"$fixed_path/lsz.exe" --escape --binary --overwrite $host_file_name <> $tty_port_id 1>&0
Sending: Blink.cpp.elf

Bytes Sent:   1024/  75668   BPS:-2147483648 ETA 00:00  
Bytes Sent:   9216/  75668   BPS:-2147483648 ETA 00:00  
Bytes Sent:  10240/  75668   BPS:-2147483648 ETA 00:00  
Bytes Sent:  11264/  75668   BPS:1126386  ETA 00:00  
Bytes Sent:  12288/  75668   BPS:1228785  ETA 00:00  
Bytes Sent:  13312/  75668   BPS:1331184  ETA 00:00  
Bytes Sent:  14336/  75668   BPS:1433582  ETA 00:00  
Bytes Sent:  15360/  75668   BPS:1535981  ETA 00:00  
Bytes Sent:  16384/  75668   BPS:1638380  ETA 00:00  
Bytes Sent:  17408/  75668   BPS:1740779  ETA 00:00  
Bytes Sent:  18432/  75668   BPS:1843178  ETA 00:00  
Bytes Sent:  19456/  75668   BPS:1945576  ETA 00:00  
Bytes Sent:  20480/  75668   BPS:2047975  ETA 00:00  
Bytes Sent:  21504/  75668   BPS:2150374  ETA 00:00  
Bytes Sent:  22528/  75668   BPS:2252773  ETA 00:00  
Bytes Sent:  23552/  75668   BPS:2355172  ETA 00:00  
Bytes Sent:  24576/  75668   BPS:2457570  ETA 00:00  
Bytes Sent:  25600/  75668   BPS:2559969  ETA 00:00  
Bytes Sent:  26624/  75668   BPS:2662368  ETA 00:00  
Bytes Sent:  27648/  75668   BPS:2764767  ETA 00:00  
Bytes Sent:  28672/  75668   BPS:2867165  ETA 00:00  
Bytes Sent:  29696/  75668   BPS:2969564  ETA 00:00  
Bytes Sent:  30720/  75668   BPS:3071963  ETA 00:00  
Bytes Sent:  31744/  75668   BPS:3174362  ETA 00:00  
Bytes Sent:  32768/  75668   BPS:1638390  ETA 00:00  
Bytes Sent:  33792/  75668   BPS:1609133  ETA 00:00  
Bytes Sent:  34816/  75668   BPS:1582536  ETA 00:00  
Bytes Sent:  35840/  75668   BPS:1629082  ETA 00:00  
Bytes Sent:  36864/  75668   BPS:1602774  ETA 00:00  
Bytes Sent:  37888/  75668   BPS:1578658  ETA 00:00  
Bytes Sent:  38912/  75668   BPS:1556472  ETA 00:00  
Bytes Sent:  39936/  75668   BPS:1597432  ETA 00:00  
Bytes Sent:  40960/  75668   BPS:1575377  ETA 00:00  
Bytes Sent:  41984/  75668   BPS:1614761  ETA 00:00  
Bytes Sent:  43008/  75668   BPS:1592881  ETA 00:00  
Bytes Sent:  44032/  75668   BPS:1572564  ETA 00:00  
Bytes Sent:  45056/  75668   BPS:1609136  ETA 00:00  
Bytes Sent:  46080/  75668   BPS:1588959  ETA 00:00  
Bytes Sent:  47104/  75668   BPS:1570127  ETA 00:00  
Bytes Sent:  48128/  75668   BPS:1552510  ETA 00:00  
Bytes Sent:  49152/  75668   BPS:1535994  ETA 00:00  
Bytes Sent:  50176/  75668   BPS:1520433  ETA 00:00  
Bytes Sent:  51200/  75668   BPS:1551462  ETA 00:00  
Bytes Sent:  52224/  75668   BPS:1535949  ETA 00:00  
Bytes Sent:  53248/  75668   BPS:1521322  ETA 00:00  
Bytes Sent:  54272/  75668   BPS:1507508  ETA 00:00  
Bytes Sent:  55296/  75668   BPS:1535952  ETA 00:00  
Bytes Sent:  56320/  75668   BPS:1522116  ETA 00:00  
Bytes Sent:  57344/  75668   BPS:1509008  ETA 00:00  
Bytes Sent:  58368/  75668   BPS:1496572  ETA 00:00  
Bytes Sent:  59392/  75668   BPS:1484758  ETA 00:00  Moving downloaded file to /sketch/sketch.elf on target

Bytes Sent:  60416/  75668   BPS:1510357  ETA 00:00  
Bytes Sent:  61440/  75668   BPS:1498495  ETA 00:00  
Bytes Sent:  62464/  75668   BPS:1523470  ETA 00:00  
Bytes Sent:  63488/  75668   BPS:1548445  ETA 00:00  
Bytes Sent:  64512/  75668   BPS:1573420  ETA 00:00  
Bytes Sent:  65536/  75668   BPS:1598395  ETA 00:00  
Bytes Sent:  66560/  75668   BPS:1623370  ETA 00:00  
Bytes Sent:  67584/  75668   BPS:1648345  ETA 00:00  
Bytes Sent:  68608/  75668   BPS:1673320  ETA 00:00  
Bytes Sent:  69632/  75668   BPS:1698295  ETA 00:00  
Bytes Sent:  70656/  75668   BPS:1723270  ETA 00:00  
Bytes Sent:  71680/  75668   BPS:1748244  ETA 00:00  
Bytes Sent:  72704/  75668   BPS:1773219  ETA 00:00  
Bytes Sent:  73728/  75668   BPS:1798194  ETA 00:00  
Bytes Sent:  74752/  75668   BPS:1823169  ETA 00:00  
Bytes Sent:  75668   BPS:1483653                         

Transfer complete

#mv the downloaded file to /sketch/sketch.elf 
target_download_name="${host_file_name##*/}" 
echo "Moving downloaded file to /sketch/sketch.elf on target"
"$fixed_path/lsz.exe" --escape -c "mv $target_download_name /sketch/sketch.elf; chmod +x /sketch/sketch.elf" <> $tty_port_id 1>&0

Transfer complete

フリスクに入ったEagletのLED点滅

本家のArduino IDE 1.6シリーズとの共存

本家のArduino IDE 1.6シリーズとはデフォルトのインストール先パスが異なる※7ため、デフォルトのままインストールしているのであれば衝突することはなく、併存させることができます。ただし、ログオンしているユーザーに紐付くライブラリーやそれに伴うサンプル・スケッチなどは共有されます。どちらかでしか動作しないものも混在するので、その点は意識が必要です。

本家のArduino IDE 1.6シリーズとの差

基本的にIntel版のArduino IDE 1.6.0は本家Arduino IDE 1.6.0のスーパーセットで、Intel Galileo、Intel Galileo Gen 2、Intel Edisonへの対応が追加されたもののようです。今回は時間がなくて試してはいませんが、Intelのハードウェア以外でもそのまま使用できるのではないかと思われます。

※本家Arduino IDE 1.6.1のボード一覧

本家のArduino IDE 1.6.1のボード一覧

※Intel版Arduino IDE 1.6.0のボード一覧

Intel版Arduino IDE 1.6.0のボード一覧

まとめ

このように若干の混乱はありますが、Intel版のArduino IDE 1.6.0がリリースされています。Arduino互換ボードとしてIntel Edisonを使用されている方や、Intel GalileoおよびIntel Galileo Gen 2を使用されている方は、これを機会に新バージョンを試してみるのもよいのではないかと思います。


  • スイッチサイエンス マガジンでは「WindowsとMac OSXのドライバが署名入りになりました。」と書いてある部分が原文では「Drivers and IDE are now signed for Windows and MacOSX」で、ドライバーだけではなくIDEも署名されている(さかきけい訳「WindowsとMacOSX版ではドライバーとIDEに署名がなされるようになりました。」)と書かれているなど、若干の差異があります。
  • 該当ページの一番下に作成日、更新日などの情報があります:

    Solution ID: CS-035180
    Last Modified: 18-Mar-2015
    Date Created: 14-Dec-2014

    このように現地時間2015年3月18日(日本時間でおそらく本日3月19日)に更新されており、このタイミングで修正されたものと思われます。

  • 現時点では残念ながらIntel Corporationによる電子署名がなされていないため、改ざんの確認を行うことができず、ブラウザーによってはダウンロード後に警告が表示されることがあります。なお、本家のArduino IDE 1.6シリーズは電子署名がなされています。それだけに天下のIntel Corporationの配布するファイルとしては少々残念です。
  • Intel Edison、Intel GalileoおよびIntel Galileo Gen 2のみしか使用しないのであればインストールする必要はありません。筆者は「Arduino Uno R3」も所持しているためインストールしています。
  • この際に開かられるページは本家のダウンロード・ページである「Arduino – Software」です。
  • 実行写真については特段変化がないため、従来撮影したものをそのまま流用しています。
  • 「システム ドライブ」がCであれば、通常は「C:\Program Files (x86)\Arduino」あるいは「C:\Program Files\Arduino」です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です