所在不明の「90桁BIOS」のソースコードおよびその他の関連ファイルを発見

以前書いた「90桁BIOSのソースコード関連ファイルが一部見つからない」で、「90桁BIOS」の一部ソースコードなどが見つからないといったことを書いたのですが、先日から続けている手持ちの品の整理中に1998年(約16年前)に書き込んだバックアップCD-Rを発見し、そこから無事に関連ファイルのサルベージに成功しました。

このCD-Rは三菱化学(当時:現・三菱化学メディア)製の「R74SS1P / 4991348008741 / シンガポール製」というものです。ほぼ同じ時期に書き込んだ三井東圧化学(当時:現・三井化学)製の「MTCDR-74 / 4946167012004 / 日本製」というものはまったく読めなかったので、やはり製造元によって耐久年数というのは大いに変わってくるようです。もちろん、書き込む際に使用したドライブとの相性もありますので、あまり決めつけての優劣は論じることはできませんけれど。

ただ、三菱化学のメディアも外周部分の1%未満くらいは2枚中2枚とも読めないでエラーが発生するファイルがありました。

もしも同じくらいに書き込んで保存しているCD-Rをお持ちの方は早めに再度のバックアップを作成した方がいいように思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加