本が本を呼ぶ生活

先日のアニメの感想で、買うと予告していた「青い花」のまんが(最終巻)は無事購入しました。全巻まとめて読める時間が取れるようになってから読みたいと思っています。遅くなるかもしれないけど、きっと、感想書くと思います。なるべく遅くならないようにします…、というか、したいです。

なんていうか、あほみたいにいろいろな本を読んでるんです、私。それ以上に買ってしまっているのでなかなか追いつかないんです。1冊本を買いに行って、帰りにはなぜか3冊持っているとか、そういうことになってしまって。

印刷物としての本が結構好きなのかもしれません。

まんがに限らず、感想を書きたい作品は結構あるんですけど、本気で書こうと思うと結構時間的制約がきつい感じです。なるべく書いていきたいと思います…。しかし、感想を書いていると今度は本を読むペースが落ちるという。なかなかバランスがとりづらいですね。

最近、1日24時間って結構タイムトライアルだな、と思っています。たぶん余命を知ることができたら、もっとタイムトライアルに感じるのでしょうね。そんなようなことを、スティーブ・ジョブズさんも言っていたような…。

そういえば、こんなのもありましたね。

バトー「一人の人間が一生のうちに触れる情報なんて、わずかなもんさ。」

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 2.0 / 押井守監督 / BCXA-0101」
00:27:34より引用(1995年版のほうにも同様のセリフがあります)。

このエントリーをはてなブックマークに追加